« 花のち雉 | トップページ | 見晴台 »

2007年9月 2日 (日)

EOS 40D

Dscf0806

金曜に自分が使っている一眼レフの後継のEOS 40Dという機種が販売されました。昨日は読売の一面に渡辺謙さんの広告、それとCMもやっているみたいで見た方も居るかと思います。とーぜんのようにカタログは持っている。そのカタログは40P超でメーカーの力の入れ様が分るんですが、テーブルの上になぜか2部。

 

Dscf0807

その訳は、このカタログ、内容一緒で参考写真が違う2種類あるんです。写真家立木義浩さんが北欧で撮ってきて、「フィヨルド版」「バルト海版」の2種類あるそうですが、確かに2種類ありました。「写真の出来があまりに良かったので2種類作りました」と中の人が言っている記事を見ましたが、「儲かっている所は・・・」という典型だなぁと思います。一時期のマツダで「経費削減で見込みの無い客にはカタログくれない」という目にあってますので雲泥の差ですね・・・。

 

Dscf0808

こんな感じで全体の半分は写真が違っています。

 

Dscf0809

芸が細かいなぁと思ったのは、このレンズ作例のページです。ここもそれぞれ違います。

 

Dscf0810

見分け方はカタログ裏面の右下の8桁の番号です。

 

で、自分が持っている20Dからは全般に性能があがっているようですが、購入するかどうかは大いに迷っています。連写枚数が増えたり、液晶が大きくなったりしているのも魅力的ですが、画素数が増えた事もあって、暗い所でもブレにくい写真が撮りやすい高感度特性は今のとそう変わらないみたい。という事は、撮れる写真の質は劇的に変わる訳ではない。AFの性能はあがっているらしいので悩ましい所です。

 

でも、気になってしょうがないので店には様子を伺いに行ってます。今日も近場のキタムラに行ったら目の前で一台売れてました。レジ裏にはレンズキット在庫が4台。レンズキットは在庫ありですが、本体のみは予約しないと買えないそうです。中古売り場には20Dと30Dの中古が並んでいたので、これも下取りされた物だと思います。カメラ好きな人にはこの秋はお祭り状態ですね。

« 花のち雉 | トップページ | 見晴台 »

コメント

Garage T'sさん おはよう

先日のWBSでチラッと見ましたが、これ
http://www.casio.co.jp/release/2007/ngdc.html
に興味があります。どのようなメディアに記録するかまだ明らかではありませんが、300fpsの動画がお手軽に撮影できると嬉しいことが沢山ありそうです。
スペックを見る限り定価でも10万円以下と予想しています。

おはようございます。これ、私も楽しみにしています。CMOSはSONY製らしいですから他社からもいろいろ出そうですね。販売は1年後らしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花のち雉 | トップページ | 見晴台 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Y!天気

無料ブログはココログ

List