« カメラ屋巡り | トップページ | 都内行き Tips »

2007年10月14日 (日)

新天地 2回目

Img_7182

先週行った、新しいカワセミスポットに今日も行ってきました。現地に着くと一台の車あり。でかい三脚やブラインドらしき物もあり、一眼レフでこの場所でカワセミを撮っている方がおりました。挨拶して、話をするとカワセミ撮って10年、同じ市内の方だそうです。だいたい土日は来て、今日も日の出から待って撮っていたとの事。結果は「3時間で1回枝に停まっただけ」との事でやっぱり、場所が変わってもそういう世界のようですね。

Img_7186

 

Img_7194

どこで撮ったら良いかなどいろいろ教えてもらっているうちに、2羽、目の前を飛んでいきました。とりあえず、普段その人が撮っている場所で20分ほど待っていたら目の前の枝にふわりと停まって、カワセミもすぐにこっちに気づいて、少し離れた場所に停まったのが最初の写真です。一眼レフ(20D)、400mm、トリミング無し。川幅が、10m程度ぐらいの川ですので、普段の沼より鳥が近いところに停まってくれて、一番近いところだと10m以内で撮れるようですのでデジスコ、一眼どっちで撮っても、また違った写真が撮れそうです。ちょっと残念なのは川にゴミが多いこと。一番上の写真、停まっているのは枝ではなく、鉄の棒で根元にビニール袋が絡んでいます。この前の台風でかなりゴミが流れてきたみたいです。先に来ていた人もゴミ掃除をしながら撮っているそうですが、一緒に手伝おうかな・・・。最終的にはブラインド無しでも4回ぐらい目の前を飛んでくれました。

« カメラ屋巡り | トップページ | 都内行き Tips »

コメント

カワセミは行動圏が狭く、1日粘れば必ず姿を見られるので、野鳥写真の初心者には撮りやすいでしょう。私が撮影していた頃(もう四半世紀も前ですが)は、カワセミを撮る人などほとんど見掛けませんでしたが、それを考えると昨今のカワセミ人気は異常です(苦笑)。

20年ぐらい前は、カワセミがいっぱい居たであろう川でいつも遊んでいたのですが、その存在すら気にせず、泳いだり釣りをしたりしていたのですから何がどう転がって趣味になるか分りません。(笑)

最近のカワセミ人気、都会は下水が普及してカワセミが生息し易くなったというのは一因があるかもしれませんね。

※コメント頂いていたのに気づかなくてすみません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カメラ屋巡り | トップページ | 都内行き Tips »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Y!天気

無料ブログはココログ

List