« Wine | トップページ | CF »

2007年11月 4日 (日)

晩秋の日光

Img_7783cut_2

紅葉を求めて、晩秋の日光へ行ってきました。

先日の草津行きよりちょっと早い4時出発。渋峠より中禅寺湖の方が距離的に近いので日の出までには着くだろうとの目論見です。

足尾経由での日光行き。5時半ごろ足尾辺りを通過しましたが空が明るくなってきて焦ります。いろは坂手前の交差点に着きましたが、日光宇都宮道路からの車が信号待ちの列となっていて更に驚き、いろは坂が始まる所にはトイレがある駐車場がありますが、そこの駐車場もいっぱいで尚且つ、焼き芋屋が営業中だったのは笑いました。

Img_7767cut

明智平では二つある駐車場のうち片方が既にいっぱいでもう片方はゲートが空いていないので開場待ちの車が列をなしています。日の出は時間の問題と言う事で、その先のトンネル手前より撮影を開始しました。

トップの写真は、日の出後の太陽ですが、一筋の雲が太陽を割ったような珍しい写真が撮れました。考えようによってはちょっと不吉かな・・とも思いましたが。

Img_7788cut

トップの写真から更に陽が登った写真です。

Img_7795

この後は今回のメインである半月峠展望台に向かいます。中禅寺湖の南側に中禅寺湖スカイラインという道路があります。昔は有料だったはずですが今は無料となっているのですが走り屋対策かも知れませんが7時にならないとゲートが開きません。会社の人からこの上からの展望が良いと聞いていたので6時30分に着いて開場を待ちました。この時点で自分の前に15台の列。開場までに後ろも同じぐらい車が並びました。

開場後は頂上にある駐車場を目指します。半分の人が途中にある湖が見える展望台に停まり、あと半分が頂上まで行く感じでした。自分はそこから更に徒歩で600m登る展望台を目指します。意外な事にすぐにそこに向かったのは自分だけでした。

Img_7797

こんな感じの山道を登っていきます。600mなんてすぐだろうとタカをくくってましたが侮れませんでした。+夜露で笹が濡れておりズボンの裾が濡れてしまいます。登山する人が裾のカバーのような物をつけている意味が判りました。

Img_7799

山道の途中からは登ってきた駐車場がこんな感じに見えます。

Img_7800

で、目的地の半月峠展望台に着きました。木製の6畳間ぐらいの立派な展望台があります。7時半着、一番乗りでした。

Img_7801

この時間、陽が当たらない事もあり霜が降りてました。

Img_7816cut

ここからは湖の方を望むと男体山や戦場ヶ原を一望する事ができます。紅葉のピークから一週間過ぎてしまったらしく、ちょっと残念でした。

Img_7827

有名?な八丁出島です。あと、一週間早く来て、遊覧船が写っていれば良くTVや新聞で出ているのと一緒の写真になったかも。

Img_7808

対岸にある竜頭の滝です。上の橋と途中の道路がわかります。

Img_7810

少し引いた写真。竜頭の滝の上に戦場ヶ原、そこから左手奥に湯滝が写っています。位置関係が良く判ります。

Img_7833

こんな感じで写真を撮っている間にぞくぞくと人があがって来ました。同じように写真目的の人と登山目的の人が半々ぐらい。一通り撮り終えたので撤収しました。判りづらいですが富士山も見ることができました。

この時点で8時30分、これ以上居ると渋滞も気になってくるので家路に着きました。翌日の新聞にはいろは坂大渋滞の写真が・・・。渋滞に巻き込まれず良かったです。それにしても早朝からの人の多さはさすが日光ですね。

« Wine | トップページ | CF »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Wine | トップページ | CF »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Y!天気

無料ブログはココログ

List