« ネット接続の謎 | トップページ | 一杯 »

2008年1月14日 (月)

雪山

Dscf1509

本日、夕方4時から赤城に向かいました。目的は夏に行った見晴台から富士山が見えないかと思い、その確認です。わざわざ見晴台まで行かなくとも麓から見えることは分ったのですが、やっぱりもうちょっと富士山らしい形を見たい。冬の間はあの場所がどうなっているかも確認したい。時間もできたんでとりあえずGOです。

ローラー滑り台の入り口の時点で路面完全凍結。正月に怖い思いをしたので素直に車を停めて、チェーンをつけます。このタイプのチェーンの利点は分ってさえしまえば、両輪つけるのに5分ぐらいでできる事です。無事、チェーンがついたので凍結路面をあがっていきますが、後ろからはレガシィがあおってきます。素直に道を譲りましたが、レガシィはもちろんチェーンをつけてません。

Img_0286

とりあえず、見晴台の麓につきました。写真の路肩の駐車スペースに入るにはちょっと吹き溜まりをこえなければなりません。強引に入っちゃいました。この後、出る時はもっと大変だという事に気づき、来た道を戻れるように車の向きを変えてたら50cmぐらいの氷のかたまりに気づかず、ナンバー曲げちゃいました。

Img_0281

肝心の富士は見えたのかという事ですが、残念ながら日暮れと、富士山方向は雲の中という事で拝む事はできませんでした。見晴台ですが写真のとおり、現在、あずまや?を工事中です。少し、観光名所っぽくなるのでしょうかね?この後、-9℃の路面を慎重に下山しました。

« ネット接続の謎 | トップページ | 一杯 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ネット接続の謎 | トップページ | 一杯 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Y!天気

無料ブログはココログ

List